勤務時間が理由で離職

医療従事者が不足する理由として、勤務時間が長すぎるということもあります。思っているよりも長い勤務時間ということになると、疲労が段々と溜まってきてしまいます。自分ではこのくらいしか働けないというような時でも、残業を言われることもあるでしょう。
勤務時間をもう少し短くしてくれれば、なんとか続けられる場合もあるかもしれません。でも元々医療従事者が不足しているわけですから、そこで人を雇わない限りは自分の勤務時間が短くなることは難しいのです。
そして、勤務時間において無理を続けることによって離職率も高くなり、結果としては体を壊し他の仕事に就くまでに時間を要することもあります。つまりは悪循環を繰り返しているのです。
不足しているからこそ、一人一人に対しての負担が大きくなり、そして耐えられなくなりまた辞めてしまうということが続いていきます。その場合、なんとかするためには勤務形態を変えつつ、賃金を上げるというようなことが必要になります。
でも勤務形態において柔軟性を持つことが出来れば、もしかしたら医療従事者を充実化させることも可能かもしれないのです。でも勤務形態についての柔軟性を持たないような医療機関の場合は、結果として辞めざるを得ない人が増えてきてしまうのは目に見えていることです。
安い賃金で長い時間働かされるということが続けば、離職率が高くなるのは当然のことと言えるでしょう。このどちらかを少しでも改善することが必要なのです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。