離職の理由は本音を伝える

医療従事者が離職をする時にその理由を上司に伝えることになりますが、本当のことを伝えずに離職することも多いようです。そうなると、次にまた同じように辞めていく人が出てくる可能性が高くなるのです。
離職をする際にその理由を上司に話すことがとても必要になります。そしてミーティングなどを行うことが重要なのです。同じように苦しく辛い思いをして離職をする人がもう出てこないようにする、それが一番大切なことです。
でも、なかなか本音を言えないまま離職をしてしまうということもあるでしょう。建前としては、結婚や妊娠などを理由に辞める人が多いようです。でも本当は人間関係についての悩みが原因の場合も多々あります。
人間関係において苦しんだ末、辞めることを決意することもあるでしょう。でもそのことを上司や同じ職場の人には言えずに離職せざるを得ない場合もあるのです。しかしここで勇気を出して本音を伝えて離職をすることにより、第二の被害者を出さずに済むということも多々あるのです。
後に残った人たち、特に後輩に対しては守る責務があるのではないでしょうか。一刻も早く辞めたい、揉めずに立ち去りたいと思うかもしれませんが、残されて苦しむ人も出てくるかもしれません。
そして、同じような理由で退職をしていく医療従事者も出てくることでしょう。そうなると益々その医療機関には人が不足することになり、医療機関として人から求められなくなっていく可能性もあるのです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。